忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新鮮


1月13日あたりからいよいよビッグキーワードの複合語でのアクセスがなくなりました。そのビッグキーワードの複合語でyahoo!JAPANとGoogleで検索をかけてみましたが、1ページ内にも存在しなくなっていました。これには考えられる理由が2つあります。一つは、検索エンジンは新しい情報、新鮮な情報を好む傾向があります。そのため、その記事を書いてい~すでに2週間近く経とうとしていますから、2週間はインターネット上では大昔の情報ととらえられてしまいます。そのために、新しい情報にどんどん上位を取られてしまい、ランキングが下がってしまう。2つ目は、そのビッグキーワードに関連したアフィリエイトリンクを5~6個貼ってしまったこと。検索エンジンはアフィリエイトリンクを嫌うという噂もありますので、その噂に基づいて、ランキングが下がってしまったのか。検証するにはちょっとタイミングが悪すぎでした・・・。失敗・・・(涙)。

池袋のカウンセリング業者HP
池袋カウンセリング

「企業体力が有る」内に構造改革を進めるのが経営家。企業が健康体であって、初めて構造改革は成功する
ドメインオーソリティ高いと少ない被リンクで順位上る。標的キーワードで権威性高い独自ドメイン育てる
被リンクとは。被リンク7個=負荷7。被リンク50=負荷50。負荷調整・負荷管理が被リンク対策の要
「URL=コンテンツ」「URL=オリジナル部分」時代へ2013年。ページの「共通部分」重要度低下
Google外部SEO対策の要、3要素「被リンクエイジ,衛星サイトエイジ,リンクポピュラリティ」
2013年後半のSEO対策。Google再度、「被リンク寄り」に
Google検索エンジン経由アクセスアップのポイントは「記事数」では無く「文字数」。集客数増やす
2000年代からSEOサービスを提供,実戦経験と実績が「豊富」なSEOプロフェッショナル
Google検索の被リンク対策で「ドメイン分散」は必須。「IPアドレス分散」は必須では無い
SEO専用URLはキーワードを真っ先に決める。コンテンツ作成はその後
SEO集客手段、「ヘッドキーワードSEO,テールキーワードSEO」の違い
SEO用の衛星サイト(サテライトサイト)は継続更新不要。更新無しでも「1位表示させる力」失われず
黒田バズーカ砲の短期的効果は切れた。残るは日銀砲によるマネタリーベース拡大、中長期効果。円安圧力
昔は「ゼロ評価+プラス評価」、今のGoogleは「マイナス評価」も導入
「Webサイトへの入口=トップページURL」では無い。SEO対策でサイト内のサブページ群も入口化
PR