忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

実際


初めてアフィリエイトを始めるという場合は、実際に食べたことのあるスイーツや食品、使ってみて良かったコスメ、シャンプーなどを紹介すると簡単です。プロのアフィリエイターは、実際見たり使ったり食べたことがなくても、訪問者が使ってみたい、食べてみたいと思わせるようなうまい記事を書くことが出来ます。しかし初めての場合はまだアフィリエイトに慣れていませんし、消費者の心をつかむにはまだコツがつかめていません。ですので、実際自分が食べたり使ったりしたものであれば、美味しい、使い勝手が良かった、髪がまとまる、発色が良い、いい香りなど、事細かく消費者に伝えることが出来るので、美味しさや使い勝手の良さが消費者に伝わって購入に至ってくれて可能性も出てきます。今ではブログにアフィリエイトリンクを貼っている人はたくさんいます。それにより、訪問者ももろにアフィリエイトリンクだということが分かると、クリックをしてくれなくなります。真実を伝えなくてはなりません。

SEO集客アップの4要素。「安定1位表示の3要素」+「コンテンツの量」

退行催眠サービスサイト
退行催眠

「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズムで発生するペナルティ
熱い鉄だけを徹底的に打つ。冷めたら打たない、再加熱の努力もしない
被リンク対策の進め方。1位表示に向け被リンク「全体」を最適化。被リンク「部分」の最適化は捨てる
集客目的URLと営業目的URLの違い。「SEO集客優先・営業劣後」か逆か
高強度被リンク(高質)なら獲得数は多ければ多いほど良い。低強度被リンクなら少なければ少ない程良い
ビッグキーワードのSEO対策に必要なのは「余裕」。余裕で1位表示し、余裕で中長期の上位維持
旧サイト⇒301リダイレクト⇒新サイト。引継ぐ「被リンク構造そのもの」に問題あれば再度ペナルティ
トップページがコンテンツSEOに不向きならサブURLで対策。無駄&無理
SEO集客増加のポイント「被リンクの伴うコンテンツを増やす」「常にコンテンツと被リンクはセット」
衛星サイトの記事に「関連性」は必要か?不要。非関連記事で安定上位実現可能
被リンク対策過程のURL順位推移。短期では予想外の動きを見せる。中期で対策した通りの結果に収まる
上位表示維持の足枷になる被リンク、足枷にならない被リンク。弱いバックリンク,強いバックリンク
安定1位表示の3要素「コンテンツの質、被リンクの質、被リンクの量」
中長期的な「安定1位表示,安定上位表示」を実現する「SEO内部対策」の流れ・方法・やり方・進め方
PR

新鮮


1月13日あたりからいよいよビッグキーワードの複合語でのアクセスがなくなりました。そのビッグキーワードの複合語でyahoo!JAPANとGoogleで検索をかけてみましたが、1ページ内にも存在しなくなっていました。これには考えられる理由が2つあります。一つは、検索エンジンは新しい情報、新鮮な情報を好む傾向があります。そのため、その記事を書いてい~すでに2週間近く経とうとしていますから、2週間はインターネット上では大昔の情報ととらえられてしまいます。そのために、新しい情報にどんどん上位を取られてしまい、ランキングが下がってしまう。2つ目は、そのビッグキーワードに関連したアフィリエイトリンクを5~6個貼ってしまったこと。検索エンジンはアフィリエイトリンクを嫌うという噂もありますので、その噂に基づいて、ランキングが下がってしまったのか。検証するにはちょっとタイミングが悪すぎでした・・・。失敗・・・(涙)。

池袋のカウンセリング業者HP
池袋カウンセリング

「企業体力が有る」内に構造改革を進めるのが経営家。企業が健康体であって、初めて構造改革は成功する
ドメインオーソリティ高いと少ない被リンクで順位上る。標的キーワードで権威性高い独自ドメイン育てる
被リンクとは。被リンク7個=負荷7。被リンク50=負荷50。負荷調整・負荷管理が被リンク対策の要
「URL=コンテンツ」「URL=オリジナル部分」時代へ2013年。ページの「共通部分」重要度低下
Google外部SEO対策の要、3要素「被リンクエイジ,衛星サイトエイジ,リンクポピュラリティ」
2013年後半のSEO対策。Google再度、「被リンク寄り」に
Google検索エンジン経由アクセスアップのポイントは「記事数」では無く「文字数」。集客数増やす
2000年代からSEOサービスを提供,実戦経験と実績が「豊富」なSEOプロフェッショナル
Google検索の被リンク対策で「ドメイン分散」は必須。「IPアドレス分散」は必須では無い
SEO専用URLはキーワードを真っ先に決める。コンテンツ作成はその後
SEO集客手段、「ヘッドキーワードSEO,テールキーワードSEO」の違い
SEO用の衛星サイト(サテライトサイト)は継続更新不要。更新無しでも「1位表示させる力」失われず
黒田バズーカ砲の短期的効果は切れた。残るは日銀砲によるマネタリーベース拡大、中長期効果。円安圧力
昔は「ゼロ評価+プラス評価」、今のGoogleは「マイナス評価」も導入
「Webサイトへの入口=トップページURL」では無い。SEO対策でサイト内のサブページ群も入口化

料金別


SEO料金に相場はないと言われているのは有名な話です。一番安くて3,000円というのは以前記事で書きましたが、SEO料金が3,000円ですと、SEO業者のできることは限られてきます。リンクを貼るだけで終わりだと思います。それに今の検索エンジンで有効なのは、リンクを貼ること、つまり外部対策よりも、コンテンツを強化する内部対策を重視されています。ですから、3,000円でSEO業者に依頼しても、3,000円がもったいないのです。しかもあまり外部対策をしすぎると、今はペナルティを受けるようになっていますから、外部対策より、コンテンツを強化する内部対策が重要ですので、被リンク獲得は重要な事ではありません。SEO料金が3,000円だとサイトへのアドバイスはもらえないと思います。内部強化にはSEO業者からのアドバイスが必要不可欠です。だからと言って被リンクが一つもないというのも問題ですので、こればかりは依頼者のさじ加減ひとつですね・・・。

URLの内部SEOスコアは其のページ内部だけで決まらず。下層URL群も影響。内部スコアに上限無し
最低賃金上昇で起こる現象。弱い個の量産が弱い組織(国家)を造る
ビジネスも、サービスも、記事(コンテンツ)も、Webサイトも、「走らせながら」完成させる
「被リンク=負荷」。過剰に負荷かけるとURLは一時的に順位ダウン。負荷微調整なくしてURL育たず
安定集客。内部SEOは前輪、外部SEOは後輪。2輪車(検索順位)は「前輪だけ」で安定して走らず
被リンクのペナルティーはある。外部リンクを貼る前以上にSEOスコア落ちる事も。SEO対策スパム
「山」続きの我が人生。「高み」を目指すと次々と「山」が出現する
サイトリニューアルやページ更新で逆に順位ダウン。理由原因。逆SEO
短期的なアルゴリズムに最適化させても上位表示は一時的・一過性で終わる。中長期アルゴリズムに最適化
「コンテンツ,被リンク,衛星サイト」の3つは「毎月強度を固定」する。被リンクの「数」は変動でOK
現グーグル検索で被リンクは効か無くなっている?ノー、非常によく効く。何時効き始めるか判り辛いだけ
国内景気見通し。中小企業は?日本経済、2014年・2015年。構造面に着目
URLのSEO。ディレクトリ部分のみで部分最適化、ファイル名のみで部分最適化。結果、全体で最適に
URL毎に異なる被リンクキャパシティー。キャパ超えで一時的に検索順位は落ちる。URLの器の大きさ
オーソリティSEO。ディレクトリ,ペイレベル・サブドメイン権威対策
順位上げるSEOスパムに強く、順位下げる逆SEO対策・逆SEOスパム・ネガティブSEOに弱いグーグル検索エンジン